サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2017年10月
 1  2  3  4  5  6  7
 8  9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
バーサタイルフィネススプール アップ
ダイワ用の軽量ハンドルファスナー
バーサタイルフィネススプール DAIWA
大事に至る前に
久し振りのアッセンブリー
KTFの取材
「バスサンほすい」
バーサタイルフィネススプール
願良年 2018
2017年ありがとうございました!
フェンウィックNewシリーズ 「LINKS」
ACES(エイシス)2018 Newモデル
Newフィネススプール (17カルコン)
ほぼパーフェクトコンディション!
17カルコンのメカノブ換装手順
ダイワ対応の「KAHEN」ネオのセッティング完了
ルアーマガジンミュージアム
スリムでも強い 「ワンシャ」 デビュー!
Newフィネススプール (16アルデバランBFS)
ベアリングのその2 (メンテナンス)
ベアリングについて その1
Revo SLC/ALC IBの補足
富士山初冠雪
台風21号で水位上昇中
TOP50最終戦
最新プロトとNEWプロダクト
バサクラのタックルデータ
 
 
2017.10.30
Revo SLC/ALC IBの補足
 
  先日初冠雪の富士山をアップしましたが今回の台風22号の雨で頂の雪はほぼ全て解けて再び黒富士に・・・。
河口湖の水位も最低水位からすでに2.2mの増水で依然上昇中ですから今週末JBクラシックも大きな影響アリと言った感じですね。


さて、今日は以前ご紹介したRevo SLC/ALC IBにKTF「KAHEN」スプールを装着の際のマグネット追加について補足をしておきたいと思います。
初期モデルでは純正のマグネットがホルダーに接着されていて別売のネオジム5個セットをくっつけるだけでOKですが、以降のモデルからは純正マグネットはホルダーに磁力ではめてあるだけなのでその上から追加すると磁力が干渉してキッチリホルダーに収まらずに少し浮いた状態になってしまいます。


この状態でも十分な磁力を得て使用することは可能ですが、安定したブレーキ力と言う点では決して良くはないと考えますので、純正マグネットを固定することをお勧めいたします。
ご覧の状態が純正マグネットがデフォルトの状態です。


これにネオジム5個セットを近づけて一旦すべて取り外してあげます。
取り外したマグネットとホルダーにはほとんどの場合オイルが付着していますので、接着する際の妨げになるのでパーツクリーナーで完全に脱脂してください。
ホルダーもティッシュペーパーなどにパーツクリーナーをしみ込ませて綺麗に拭いた状態で乾燥させます。

ホルダーにS極-N極が」交互になるようにはめてからホルダーとマグネットの隙間に瞬間接着剤を流してあげます。
この時の作業で瞬間接着剤を瞬時で確実に硬化させるのに圧倒的な威力を発揮するのがお助けプライマー
軽くスプレーするだけで直ぐに固着して作業効率も抜群の正にお助けのアイテムで、他にも盛り加工や様々なシチュエーションで活躍してくれる優れものです!!

話は逸れたけどこれでマグネットの固定が完了したので、あとは純正のマグネットにネオジム5個セットをそれぞれくっつけるだけで完璧です♪ 

すでに搭載されている方やこの先でRevo SLC/ALC IBにKTF「KAHEN」スプールを装着を考えていらっしゃる方も是非参考になさって下さい。


 
   
 23 24 25 26 27